top message

破壊と創造を繰り返して 非連続な成長を遂げ 予測不可能な未来をつかめ

写真

フューチャー株式会社 代表取締役会長兼社長 グループCEO
金丸恭文Yasufumi Kanemaru

若者の粘り強さと
強い意志が道を切り拓く

 いま、世界は大きな転換期を迎え激しくうねり、私たちの目の前にはこれまでの延長線上にはない未来が待ち受けています。この変化を肯定的にとらえるか否定的にとらえるかは自由ですが、このような時に一番過激なのはむしろ“現状を維持しよう”という判断です。国も企業も個人も、新しい在り方を模索しシフトするときが来ているのです。
 誰もが先を読める時代であれば、経験や知識が豊富であることが評価されます。しかし未来が予測不可能ないま、より価値があるのは過去の実績ではありません。なかでも、フューチャーに集う私たちが選んだ"ITの世界"において、若さは大きな武器です。「これがしたい!」という熱い意志と「面白そうだ!」という好奇心に従って、創意工夫をして粘り強く挑戦していく。そういう若者こそが新しい扉を見出し、こじ開けていくのだと思います。
 これからの5年、どこで、誰と、何をして過ごすか。ビッグチャンスなどという言葉では形容しきれないくらいの、かつてないチャンスが訪れているのですから、行動あるのみです。

才能がある者ほど
困難な道を選べ

 フューチャーを創業するとき「古い価値観を打破し、若い人たちが大きな挑戦をする会社にしよう」と考えました。1989年11月のことです。とき同じくして歴史的な「ベルリンの壁崩壊」が起きました。新しい時代の幕開けを感じ、勇気が湧いたことを覚えています。
 それから約25年。改革意識の高いお客様とともに難易度の高いプロジェクトに全力でチャレンジし、企業のビジネス、ひいては社会に変革をもたらしてきました。いままでもこれからも、フューチャーに簡単な仕事はひとつもありません。しかしだからこそ、情熱に燃えた優秀な人材が集い、それぞれの強みを生かしながらチームワークを発揮して成功体験を積んでいます。
 日本では優秀な学生ほど、大きな伝統のある企業に行きたがる傾向がありますが、アメリカは逆です。トップランナーたちは起業し、二番手はスタートアップ企業に行く。チャレンジすることが普通であり、周囲もそれを当然のこととして温かく応援します。日本でも、才能がある人ほど困難な課題に挑み、次から次へと迫りくる波をワクワクしながら乗り越え、世の中にイノベーションを起こしていってほしいと思います。

何をしているのか
一言では言い表せない
集団に

 私たちは経営者のパートナーとして、ビジネスのあるべき姿を考え抜き、そのための最適なしくみを高い技術力で実現するという、前例のないコンサルティングスタイルを築き上げました。このコアビジネスは変わりませんが、これまでのノウハウを生かしたオリジナルサービスを提供していくことで、事業の拡大にも取り組んでいます。こうした動きに加速度をつけて発展させるため、グループ会社を束ねていこうと考え、2016年春に持株会社体制に移行しました。
 今後も事業は増やし、「ITを武器にした、賢く俊敏でコンパクトなフューチャーと仲間たち」を目指します。若手が現場で得た経験からアイディアを出してチームを立ち上げ、第二・第三の大黒柱になるようなビジネスとして実現させてほしいですし、インキュベーションやM&Aにも力を入れていきます。
 これからのフューチャーグループは、人びとの想像を超えるインパクトを生み出すような、「何をしているのか一言では言い表せない集団」でありたいと考えます。社名に“フューチャー”を冠する私たちは、常に未来をポジティブにとらえ、現状に満足することなく破壊と創造を繰り返して非連続な成長を遂げていく存在であり続けねばなりません。
 最近は公職が増え社外で仕事をすることも多くなりました。少し不在にしてオフィスに戻ってきたときに、「こんなに面白いビジネスをつくったのか!」と驚くぐらいのことが起きるのを期待しています。

写真

困難へのあくなき挑戦で あるべき姿を追求し お客様の未来価値を最大化する

写真

フューチャーアーキテクト株式会社
代表取締役社長 CEO
東 裕二Yuji Higashi

経営とITをデザインする
信頼されるパートナー

 私はエンジニアとしてこの業界に入り、40年弱になります。目まぐるしく変化する技術と向き合いながら新しいビジネスを作ることは面白く、その過程で得られた知識や経験は何より貴重な財産です。金丸は会社員を経てフューチャーを創業し、私は企業の中で事業責任者、経営の責任者という経験を重ねてきました。縁あってめぐり合い、いま同じ場にいますが、ITを使って目の前の課題解決を積み重ねてきたという意味では、ふたりとも同じテーマに取り組んできたと言えるのではないか思います。
 いま新しい技術やサービスが次々に出てきています。高度化してゆくITを効果的に利用しながら企業価値を向上させてゆくには、経営戦略とIT戦略は別の次元ではなく同時に考えるべきものとなっています。
 私たちは経営とITをデザインする会社です。お客様の経営とITを一つの目線から考えてゆくのが大きな強み。どんなにすばらしい戦略もシステムとして実現できてこそ意味があり、システムも経営数値に貢献してこそ価値があるものです。今後も、お客様の未来価値を追求できる、信頼されるパートナーでありたいと思います。

挑戦の積み重ねが、
オンリーワンの強みに

 いま、企業経営者の前にはIT戦略について大きくふたつの選択肢があります。ひとつは、いまのシステムを使い続けること。当面は安全に運用できます。ただし、新規事業に取り組もうとしても機能追加や拡張が容易にできず、保守費用も高くつきます。もうひとつは新しくシステムを作り、取り換えること。最新の技術やしくみを使い、考え抜かれた設計で作り上げれば、効率良くスピーディーな経営を実現でき、メンテナンス費も抑えられるはずです。
 後者を単純に選べないのは非常に難易度が高いチャレンジだからです。企業にとってシステムは業務を支えるインフラ。業務の継続性を維持するには、古いシステムは止めないまま新しいシステムに移行しなければなりません。これは外科手術と同様、切る場所を間違えられない緻密な作業。しかし何十年も使い続けたシステムは、作った人はもういない、最新のドキュメントもないというブラックボックスに陥っているケースがほとんどです。
 このような場合もフューチャーは、高い技術力で現システムを解析して機能構造を把握し、その接続点をソフトウェア工学に基づいてロジカルに整理します。その上で移行すべき機能を新しいシステムに段階的に移してゆきます。すべて移し終えたら、古いシステムは不要になります。
 私がフューチャーに来たとき、この移行をやり切る技術力に感嘆しました。創業から現在に至るまで、流通、金融、製造などの各業態で最新の技術を駆使したシステム構築を手掛けてきた積み重ねの成果があります。これだけの実績を持っている会社はほかに見当たりません。

意義あるチャレンジを
通して大いなる成長を

 フューチャーの歴史はまさに経営とITのあるべき姿へのチャレンジの連続です。難易度の高い仕事ばかりですが、そこに我われのアドバンテージと、社員のモチベーションがあります。新たな課題に挑むことをよしとし、常に成長したい人に向いている会社です。大切なのは「いま何ができるか」よりも「これからどうしたいか」。能力より少し背伸びをする中で、気づかなかった発見や、認識していなかった能力が見つかるもの。いまできるレベルで留まっているとそこで成長は止まってしまいます。
 私たちのミッションは「ITによる経営課題の解決を通じて、お客様の未来価値を最大化させる」こと。企業、ひいては社会をよりよく変えていくという、非常に意義があるテーマです。ITを武器に、もっと新しいこと、もっと高度なことに挑戦し成長したい、社会に貢献したいというマインドがある方にとって最適の環境です。ぜひフューチャーでともに挑戦し、価値ある経験をしていただきたいと思います。

写真

SPECIAL CONTENTS