CAREER DESIGN

フューチャーの考える
キャリアデザインを紹介します。

  • アーキテクトとして
    得られるスキル

  • 新人研修

  • キャリアビジョン

  • キャリアステップ

フューチャーの研修体制 DNAや行動規範をはじめとした自社のカルチャーを基に、経営革新・業務改革をデザインする力とデザインした未来を具現化していく経営・ITの知識・実装力を高めていく。それが、フューチャーの研修体制です。1年の仕事を総括し、自らのキャリアと向き合っていく「個人プレゼン」や、大きな成果を上げた者に認められる「海外研修・視察」など、自らを高め、さらなる挑戦へと向かっていける制度も充実しています。

フューチャーアーキテクトの研修体制

原理原則を体得する新人研修 フューチャーでは入社後3か月にわたって、アーキテクトとしての原理原則を学ぶ研修を実施しています。フューチャーのカルチャーやコンサルタントに求められる思考やコミュニケーション、ビジネスに求められる視野・IT・プログラミング技術をはじめとした多様で高度な知識を身につけることが可能です。また、現場配属後のOJTでは、身につけた原理原則を徹底的に実践し、その能力に磨きをかけていきます。

新人研修方針

IT

  • プログラミング言語
  • システム開発(設計/開発/テスト)
  • コンピュータの基礎(基本情報相当)
  • PC組み立て実習

コンサルタント基礎

  • ロジカルシンキング
  • ドキュメンテーション
  • プレゼンテーション
  • ビジネスマナー

ビジネス

  • 戦略、会計、ビジネスモデル
  • 会社訪問実習

カルチャー

  • 経営層、現場コンサルタントの講義
  • プロジェクト紹介
  • 研修サポーター制度

IT研修コンセプト

ITの基礎知識はもちろん、ひとりのITコンサルタントとして現場で求められる考え方/動き方ができる人材を目指す

フューチャーの新人研修では、ITの基礎知識をしっかりと身につけていきます。
ただし、その方法はよくあるIT研修とは大きく異なります。

キーワードは「ITを身につける+ITで身につける」

あえて手取り足取り教わる時間なしに、まずは課題に取り組んでいきます。その課題を実施するために必要な知識がすべて事前に説明されるとは限りません。もちろん、ただ単に「崖から突き落とす」のではなく、課題に取り組むなかで、先輩社員から暖かく、ときには耳の痛いフィードバックをたくさん得られるように新人研修はデザインされています。それらのフィードバックを踏まえて行動しながら、「自分の頭で考える」ことと「周囲の意見を取り入れる」ことを両立させて、現場で求められる考え方/動き方を身に着けていきます。

ITを身につける + ITで身につける

期限とゴールと手がかりだけ渡されたときに自分で乗り越え方を決めて実行する力を身につける

研修チームからのメッセージ

フューチャーのITコンサルティングは過去にとらわれず新たな挑戦を積極的に行っています。刺激的で面白い環境ですが、言い換えると日々が「未知な状況」や「困難な課題」の連続です。そう考えたときに、私たち研修チームが新人にはじめに身に着けてほしいことは、ITの基礎知識に加えて、「未知な状況(やったことがない)」や「困難な課題(どうやったらいいかわからない)」に直面したときの考え方/動き方です。

新人研修は手取り足取りではありませんが、それゆえに身につくものがたくさんあります。チャレンジングな環境で成長したい方にはぴったりのものです。

フューチャーにはあらゆる業界のお客様がいます。仕事の内容も多岐に渡り、多様な仕事に携わるチャンスが待っています。入社されたみなさんが新人研修を経て、現場でどのような仕事と対峙しても活躍できるようサポートしていきますので、一緒に成長してきましょう。

研修感想

女性/理系

フューチャーは先輩後輩関係なく誰もが意見を発言する環境があり、若手から裁量を持って仕事を任せてもらえるため、自分で課題を解決していく力が重要です。 新人研修ではITとビジネスのスキル習得はもちろんのこと、プロジェクトで実際に起きた課題が与えられて、原因分析から改善策を導く力を現場で通用するレベルで養うことができました。研修を通じて常に自分の意見を持ち、発信する力が身についたと感じます。その結果、現場配属後もスムーズに仕事に取り組み、周囲のメンバーからの信頼を得られています。

男性/理系

IT分野は技術の移り変わりが激しく、常に新しい技術をキャッチアップしていくことが重要です。新人研修はITの原理原則を理解し、自分自身の力で新しい技術を習得していくための基礎体力をつける期間だったと感じています。私はプログラミング経験者でしたので、技術をより深める課題を自分で設定して取り組みました。研修では一律のゴールを設定するのではなく、各々の能力をより高めることが求められていたと感じます。研修期間を通じて自走して成長し続けるエンジニアへの第一歩を踏み出すことができました。

男性/文系

IT未経験でも、新人研修を通して、現場での活躍に必要な技術力・マインドを身に付けることができたと感じます。コードのー行ー行を理解し書けるまで徹底的に学ぶIT基礎学習とチームでの開発研修によって大きく成長できました。また、研修でスムーズに学習が進んだのは、入社前に内定者研修としてプログラミングトレーニングを受講できたことも要因のひとつです。プロジェクトの基本であるチームでの開発を研修中に体感できたことで、現場で持つべきマインドを身に付けることにつながりました。

フューチャーで実現する多様なキャリア ビジネス×ITというあらゆる根幹となるフィールドで活躍するアーキテクト。そのキャリアにおいては実に多様な選択肢が存在します。マネジメントスキルを磨き、経営幹部を目指す者。技術を追究し、スーパープログラマーの道をゆく者。ビジネスを知り尽くし、事業創造にチャレンジする者……。あなたが望むなら、どのようなキャリアも自由に描いていけるはず。さらに、顧客のビジネスに深く入り込んでいくため、顧客のCIOや幹部として新たなキャリアを描いている人材も多く存在しています。

キャリアの多様性

キャリアステップ

社員のキャリアステップを紹介します。※2016年9月時点

  • 写真 菅野 祐介 Yusuke Sugano 2000年 新卒入社
    フューチャー株式会社 執行役員
    東京カレンダー株式会社 代表取締役社長
    株式会社eSPORTS 取締役
  • 写真 壷屋 翔 Sho Tsuboya 2009年 新卒入社
  • 写真 産形 満義 Mitsuyoshi Ubukata 1999年 キャリア入社
    フューチャーアーキテクト株式会社
    取締役
  • 菅野 祐介 Yusuke Sugano 2000年 新卒入社

  • 壷屋 翔 Sho Tsuboya 2009年 新卒入社

  • 産形 満義 Mitsuyoshi Ubukata 1999年 キャリア入社

菅野のキャリアステップ
Start
1年目〜5年目

キャリアのスタートは、
まさかの…?!
新人研修後、同期の多くが配属されたプロジェクトではなく、自分にとって想定外のプロジェクトへ配属となる。小規模だったため新人とはいえ幅広い業務を担当し、かえってプロジェクト全体を俯瞰する力を身につけられた。その後、ホームセンターの基幹システム刷新プロジェクトでインフラ担当に。当時、社内最大規模のプロジェクトだった。お客様と密に接し、長期にわたって深く関わる。技術に腰を据えて取り組み、大規模システムの何たるかを学んだ経験は、いまでもコンサルティングをするときの土台となっている。
「実は研修中、自分が一番優秀だとすら思っていたのですが、大失敗をしてしまいまさかの落第。何とか拾ってくれたプロジェクトで地味に仕事をしていて、花形プロジェクトに配属された同期たちが羨ましかった……。ほろ苦い思い出ですが、このマイナスからのスタートが大きなエネルギーとなって、いまの自分を形作っています」

6年目

リーダーとしての
キャリアに目覚める
地道に重ねた実績から、社内でも有数の大規模プロジェクトに誘われるも固辞。何百億円もの予算を策定する能力はまだなく、自分の思い描くような成長曲線やキャリアにはつながらないと考えたためだった。その後、大手教育企業のプロジェクトを担当するなかで、技術を追求して職人技で勝負するよりも、顧客対応やプロジェクト全体のリーディングのほうが向いていることを悟る。そこからリーダー路線にスイッチ。
「打診された仕事を断ったのはこのときだけです。あのまま大規模プロジェクトにアサインされていたら、自分に何が向いているかわからないまま結果を出せなくてくすぶっていたかもしれませんね。当時から、キャリアについて個人の要望を聞いてくれたリーダーには本当に感謝しています」

7年目〜13年目

大規模プロジェクトを牽引! あるボランタリーチェーンのプロジェクトで店舗チームの責任者を務める。ここでマネジメントの基礎を徹底的に磨いた。その後、自分の可能性を試すために、大手コンビニエンスストアのプロジェクトへ異動を志願。フューチャーでもトップ規模の人数と予算を擁する同顧客のプロジェクトを長期にわたって率いた。メンバーは約240名。自分の価値観一辺倒で進めるのではなく、さまざまな個性を持つメンバーを尊重しながら、個人の英知を最大限に発揮してひとつの目標に向かう醍醐味を覚えた貴重な期間だった。
「経営陣から新人まで、本当に多くのメンバーと苦楽を共にしました。難易度の高いプロジェクトで、かつお客様の期待値も非常に高く、プレッシャーもありましたが、チーム一丸となって壁を乗り越え、リリースを迎えた瞬間の気持ちはいまでも忘れません。あのとき仲間と築いたきずなや、経験の一つひとつがかけがえのない財産です」

13年目〜

グループ会社の経営者に 徐々にプロモーション活動に軸足を移し、いままでより一段高い視点を養い始める。新しくグループ入りしたeSPORTSの取締役に任命され、「経営者」というキャリアも歩み出す。これまでの知見や斬新なアイディアを活かした施策が次々にヒットし、業績も順調に伸びた。この実績を評価され、フューチャーの新たな事業領域である東京カレンダーの社長に就任。出版・メディアという新鮮な業界でも「本質的な課題を見抜き・解消していく」「戦略的に物事を進める」というフューチャーの原理原則を貫き、新たな価値を提供するメディアサービスへと成長させている。
「今後は新たなビジネスを模索し、エキサイティングでユニークな事業を自ら立ち上げていくつもりです。そうすることで、これから育ちゆくコンサルタントたちに“経営者を目指す”という選択肢を数多く作ってあげられる。フューチャーに新卒で入ったトップランナーのひとりとして、後ろに続く若者たちのロールモデルになりたいと考えています」

message 写真

message 私は、自分が何に向いているかを把握するのに5年間かかりました。いろいろなことを経験しながら、自分の道を見つける時間があってもいい、そう思います。現在はリアルなビジネスを展開するグループ会社の経営に携わっていますが、フューチャーで培う能力や経験はよろずに通じるものだと実感します。ここに至るまでは平たんな道のりではありませんでした。しかし心血を注ぎ全力で取り組んだからこそ飛躍的に成長でき、しかも社会に変革を起こし貢献できているのはこの上ない喜びです。

壺屋のキャリアステップ
Start
1年目〜4年目

技術の礎を築く 文系でIT経験もなかったが、会社の看板がなくても生きていけるスキルを身につけたいと思いフューチャーを選んだ。新人研修後はコンビニエンスストアのプロジェクトに配属となり、企業の中核となる基幹系システムの設計・開発を経験。会計領域を担当。1円の誤差が経営や業務に与える影響の大きさを実感し、プログラムの一行一行を意識して緻密につくりあげていくことを徹底的に学んだ。
「このプロジェクトで、技術の面白さと、技術があるからこそ経営戦略を実現できるということを肌で感じました。若手ながら案件の責任者として任せてもらっていたので、プレッシャーもありましたがその分やりがいを感じて仕事をしていました」

4年目〜6年目

お客様の未来を描く コンビニエンスストアプロジェクトでの成果が認められ、新たな案件が立ち上がったタイミングで次のプロジェクトから声がかかる。プログラムの一行一行を意識していた設計開発フェーズから一転、お客様の未来を描くフェーズへ。お客様との打ち合わせの中で引きだした要望や考えを整理して資料化しながら、あるべき姿をともにつくりあげていった。初めての経験ばかりでチャレンジングだったが、お客様をリーディングしながら、要件定義から設計・開発、お客様への引き継ぎも含めて完遂した。「自分で道筋を決めていくことの難しさを知ったプロジェクトでした。小規模ではありましたがすべてのフェーズを経験し、成長を実感できました。それにお客さんとともに描いた青写真を実現できたことも非常にエキサイティングでしたね」

6年目〜7年目

オリジナルWEBサービスの
立ち上げ
さらにスキルの幅を広げたいと思い、新たな技術領域にチャレンジできるプロジェクトへ。グループ会社である東京カレンダーの新WEBサービス立ち上げに参画。これまでのB to B案件とは異なり、エンドユーザーが見える案件を初めて経験した。レストランへの調査・ヒアリング、既存のレストランサイトの調査も行い、これまでにない新しいサービスを創るために奮闘する日々だった。「ユーザーであるレストランの方がサービスを使い、課題があればすぐにフィードバックが来て、改善を重ねて…と非常にスピーディーな対応が求められました。産みの苦しみはありましたが、それ以上に、チームで考えたアイデアを具現化し、サービスとして世の中に出すことにワクワクしました。ユーザーの顔が見えるのでより良いサービスを提供したいという想いも強かったですね」

7年目〜8年目

技術でプロジェクトをリード 数多くのプロジェクトで奮闘し、BtoBもBtoCも経験できたことから、これまでのスキルやノウハウを全社的に展開していきたいと思うようになる。ちょうど組織変更があり、技術部隊がリニューアルするタイミングだったので自ら手を上げて参画した。Quality Assurance(品質保証)チームに所属し、設計・開発工数の大幅削減を科学的に実現する手法を全社に展開。これまでと違い、複数のプロジェクトに横断的に参加し、いわばプロジェクト推進のコンサルタントのような役割を担っている。現在は新規案件である製造・小売プロジェクトにてお客様に対してもフューチャーのナレッジを展開。プロジェクトがスムーズにかつ高品質の成果物を創り出すためのプラットフォームづくりを行う。「技術に軸足を置きながら、さまざまなプロジェクトで得たビジネスとITのスキルや経験が、すべていまにつながっていると感じています。自分が成長することでお客様や社会に貢献できることは大きくなっていくので、これからもさらに自分のスキルを磨いていきたいですね」

message 写真

message きれいな未来を描けたとしても、それだけで終わってはただの想像でしかありません。未来は実現できてはじめて価値がある。ITでも何でもかまいません。スキルを身につけて、自ら創造し、実現できる人になってほしいですね。私のように大学時代にIT未経験でも、技術のスペシャリストとして活躍しているコンサルタントがフューチャーにはたくさんいますよ。

産形のキャリアステップ
Start
1年目〜2年目

「ITの専門家」であるために 前職ではアプリ開発を主に担当。二次請けが多かったため、顧客と一緒に仕様を確認しながらモノづくりができる環境を求めて、フューチャーに転職。入社後、すぐにグランドデザインフェーズからアサインされ、ミドルウェアなどの基盤領域を担当。未知の分野からのスタートとなった。前職との大きな違いは、システムの基盤となる「ネットワークはどうあるべきか?」「OSやDBはどうあるべきか?」といった要素の整理から入り、顧客にとって本当に必要なサービスをゼロからデザインしていたこと。「ITの専門家」という立ち位置の重要性・付加価値を認識する一方でその押さえるべき領域の広さから己の知識不足を痛感し、昼夜問わず知識のキャッチアップに努めた。
「アプリケーション開発には自信がありましたが、フューチャー社員のスキルの高さを知り、まだまだ未熟だったと痛感しました。おそらく、キャリア入社する場合は私と同じ感覚を持つのではないかと思いますが、最初が肝心なのでがむしゃらにキャッチアップしてましたね」

3年目〜6年目

プロジェクトの
全フェーズでリーダーに
以前一緒に仕事をしたリーダーから、ある小売業のプロジェクトに誘われ、チームリーダーを任された。ここで、グランドデザインからリリース、運用支援の全フェーズでリーダーを経験した。
「入社から数年はグランドデザインフェーズにメンバーとしてアサインされることが多かったのですが、ここでグランドデザインからシステム構築まで一気通貫して経験を得ることができました。また稼働後にシステム運用支援のリーダーを任されたことで、システム導入・レクチャーなどを通し、我々が手掛けたシステムをお客様が活用されるところまでを見届けることができました。利用されるお客様に直接感謝の言葉をいただいたことはいまでも忘れられません」

7年目〜13年目

超大規模プロジェクトを統括 3社が合併してできた新たな企業の統合システムプロジェクトにおいて、リーダーを任された。システム構築のプロジェクトリーダーは初めての経験で、仕様調整に悪戦苦闘。統合案件は関係者が多く、それぞれの企業に存在するキーマンの巻き込みに苦労し、システム構築の真の難しさを知ることになる。これ以降は、プロモーションから案件創出を行い、グランドデザインフェーズに携わる機会が増える。複数の流通顧客案件の統括リーダーを経験した後、大手コンビニエンスストアプロジェクトに全体計画策定から参画。超大規模なプロジェクト運営、フューチャーのDNAを学ぶ貴重な機会になった。
「この統合システムプロジェクトは、私のキャリアの中でターニングポイントでした。各社の思惑がさまざまに絡み合うなかで、どうあるべきかと最適解を求め続けるフューチャーならではのスタイルを実践し、大きく成長することができました。今の自分があるのは、この経験があったからこそと言っても過言ではありません。」

14年目〜

経営幹部として、
次世代を見据える
これまでの成果が認められ、フューチャーの中でも大規模なプロジェクト統括に加え、流通・小売部門の統括を任されるように。2016年4月に取締役となり、流通・小売の顧客を中心とした新規開拓から複数プロジェクトのマネジメント、さらに、次世代を担うコンサルタントの育成に注力している。
「現在、取締役として、よりフューチャーアーキテクトが成長するためにどうするべきかを常に考えています。過去に私の成長を促してくれた諸先輩たちのように、私も若く成長著しいコンサルタントにターニングポイントと言えるチャレンジを積極的に提供していくために、日々新たなお客様の開拓に奮闘しています。」

message 写真

message 若いうちから未知な領域にチャレンジしたり、難易度の高いプロジェクトを多く経験させてくれたことに感謝しています。当時は大変だったし、つらく思うことも多々ありましたが、いまの自分があるのは、がむしゃらになってお客様の成功のために頑張ってきたからだと胸を張って言えます。成長を促してくれる恵まれた環境がここにはありますので、とことんキャリアアップをしていきたい人には、本当におすすめですよ。

SPECIAL CONTENTS