CAREER DESIGN

フューチャーの考える
キャリアデザインを紹介します。

  • アーキテクトとして
    得られるスキル

  • 新人研修

  • キャリアビジョン

フューチャーの研修体制 DNAや行動規範をはじめとした自社のカルチャーを基に、経営革新・業務改革をデザインする力とデザインした未来を具現化していく経営・ITの知識・実装力を高めていく。それが、フューチャーの研修体制です。1年の仕事を総括し、自らのキャリアと向き合っていく「個人プレゼン」や、大きな成果を上げた者に認められる「海外研修・視察」など、自らを高め、さらなる挑戦へと向かっていける制度も充実しています。

フューチャーアーキテクトの研修体制

原理原則を体得する新人研修 フューチャーでは入社後3か月にわたって、アーキテクトとしての原理原則を学ぶ研修を実施しています。フューチャーのカルチャーやコンサルタントに求められる思考やコミュニケーション、ビジネスに求められる視野・IT・プログラミング技術をはじめとした多様で高度な知識を身につけることが可能です。また、現場配属後のOJTでは、身につけた原理原則を徹底的に実践し、その能力に磨きをかけていきます。

新人研修方針

IT

  • プログラミング言語
  • システム開発(設計/開発/テスト)
  • コンピュータの基礎(基本情報相当)
  • PC組み立て実習

コンサルタント基礎

  • ロジカルシンキング
  • ドキュメンテーション
  • プレゼンテーション
  • ビジネスマナー

ビジネス

  • 戦略、会計、ビジネスモデル
  • 会社訪問実習

カルチャー

  • 経営層、現場コンサルタントの講義
  • プロジェクト紹介
  • 研修サポーター制度

IT研修コンセプト

ITの基礎知識はもちろん、ひとりのITコンサルタントとして現場で求められる考え方/動き方ができる人材を目指す

フューチャーの新人研修では、ITの基礎知識をしっかりと身につけていきます。
ただし、その方法はよくあるIT研修とは大きく異なります。

キーワードは「ITを身につける+ITで身につける」

あえて手取り足取り教わる時間なしに、まずは課題に取り組んでいきます。その課題を実施するために必要な知識がすべて事前に説明されるとは限りません。もちろん、ただ単に「崖から突き落とす」のではなく、課題に取り組むなかで、先輩社員から暖かく、ときには耳の痛いフィードバックをたくさん得られるように新人研修はデザインされています。それらのフィードバックを踏まえて行動しながら、「自分の頭で考える」ことと「周囲の意見を取り入れる」ことを両立させて、現場で求められる考え方/動き方を身に着けていきます。

ITを身につける + ITで身につける

期限とゴールと手がかりだけ渡されたときに自分で乗り越え方を決めて実行する力を身につける

研修チームからのメッセージ

フューチャーのITコンサルティングは過去にとらわれず新たな挑戦を積極的に行っています。刺激的で面白い環境ですが、言い換えると日々が「未知な状況」や「困難な課題」の連続です。そう考えたときに、私たち研修チームが新人にはじめに身に着けてほしいことは、ITの基礎知識に加えて、「未知な状況(やったことがない)」や「困難な課題(どうやったらいいかわからない)」に直面したときの考え方/動き方です。

新人研修は手取り足取りではありませんが、それゆえに身につくものがたくさんあります。チャレンジングな環境で成長したい方にはぴったりのものです。

フューチャーにはあらゆる業界のお客様がいます。仕事の内容も多岐に渡り、多様な仕事に携わるチャンスが待っています。入社されたみなさんが新人研修を経て、現場でどのような仕事と対峙しても活躍できるようサポートしていきますので、一緒に成長してきましょう。

研修感想

女性/理系

フューチャーは先輩後輩関係なく誰もが意見を発言する環境があり、若手から裁量を持って仕事を任せてもらえるため、自分で課題を解決していく力が重要です。 新人研修ではITとビジネスのスキル習得はもちろんのこと、プロジェクトで実際に起きた課題が与えられて、原因分析から改善策を導く力を現場で通用するレベルで養うことができました。研修を通じて常に自分の意見を持ち、発信する力が身についたと感じます。その結果、現場配属後もスムーズに仕事に取り組み、周囲のメンバーからの信頼を得られています。

男性/理系

IT分野は技術の移り変わりが激しく、常に新しい技術をキャッチアップしていくことが重要です。新人研修はITの原理原則を理解し、自分自身の力で新しい技術を習得していくための基礎体力をつける期間だったと感じています。私はプログラミング経験者でしたので、技術をより深める課題を自分で設定して取り組みました。研修では一律のゴールを設定するのではなく、各々の能力をより高めることが求められていたと感じます。研修期間を通じて自走して成長し続けるエンジニアへの第一歩を踏み出すことができました。

男性/文系

IT未経験でも、新人研修を通して、現場での活躍に必要な技術力・マインドを身に付けることができたと感じます。コードのー行ー行を理解し書けるまで徹底的に学ぶIT基礎学習とチームでの開発研修によって大きく成長できました。また、研修でスムーズに学習が進んだのは、入社前に内定者研修としてプログラミングトレーニングを受講できたことも要因のひとつです。プロジェクトの基本であるチームでの開発を研修中に体感できたことで、現場で持つべきマインドを身に付けることにつながりました。

フューチャーで実現する多様なキャリア ビジネス×ITというあらゆる根幹となるフィールドで活躍するアーキテクト。そのキャリアにおいては実に多様な選択肢が存在します。マネジメントスキルを磨き、経営幹部を目指す者。技術を追究し、スーパープログラマーの道をゆく者。ビジネスを知り尽くし、事業創造にチャレンジする者……。あなたが望むなら、どのようなキャリアも自由に描いていけるはず。さらに、顧客のビジネスに深く入り込んでいくため、顧客のCIOや幹部として新たなキャリアを描いている人材も多く存在しています。

SPECIAL CONTENTS