CAREER CHANGE STORY

想像を超える。創造で応える。
経営課題に最先端のITを駆使し、
お客様の未来価値を創出する
ITコンサルタントを紹介します。

写真
  • STORY 04
  • 太田 洋介
  • Yosuke Ota
  • 2015年入社

CAREER CHANGE

  • 前職

    学生時代、ERPパッケージベンダーでのインターンを経験し、卒業後に入社。会計パッケージの開発に従事。自他共に認める技術志向。若いうちから大きな裁量を得て、あるモジュールを担当したりマネジメントも任された。

  • フューチャー

    複数のプロジェクトを横断的に支援する技術に特化した部隊に所属。大好きなコーディングに加え、新しい技術分野の取り込みや周囲との活発な意見交換、情報の社外発信など、充実した毎日を送っている。

技術力を磨き、社会の課題を解決したい。

 もっと技術力を磨いて、いろいろな企業に貢献できるようになりたい。太田が新たな環境を求めたのは、そんな想いがあったからだという。
 「前職で技術に詳しい人がいる部署に異動になり、いろいろ吸収できるチャンスだ!と喜んでいたのですが、半年ぐらいでコードをレビューしてもらっても指摘がなくなってしまって。入社して10年経ち、ここではこれ以上、技術面での成長は望めないんだなと思いました」
 もう一つの決め手になったのが、製品のバージョンアップに力を入れるという会社の戦略。
 「この仕事は技術で社会の課題を解決すること。世の中にはいろいろな課題があるのに、それを解決する新しい製品を作るのではなく、いまの製品を改良するという選択肢を選んだ会社と、自分の想いとのずれを感じてしまい。もうここにいる意味はないと転職の意志を固めました」
 当初フューチャーを受けるつもりはまったくなかった。前職の同僚で“技術に関心がない人”が、外資系のシステムコンサルティング会社に転職していたことも影響していた。
 「『ITコンサルなんてどうせ適当に技術に詳しいふりして、お客様からお金をふんだくっているだけでしょ』と高を括っていました。ところがフューチャーはまったく違いました。エージェントに強く推されて面接を受けてみたところ、ランクの高い人とでも技術に関する細かい話になって楽しかったんですよね。まさに技術者同士の会話ができて本当に驚きました」
 フューチャーが企業の経営戦略を実現するシステムをつくっていることを聞き、“これがITを戦略的に使うことだ”と実感。面白そうだと思ったことも後押しし、入社を決めた。

フューチャーに集うのは、
技術を武器にしたコンサルタント。

 入社後、太田は技術特化部隊に所属。ここは社内のプロジェクトで共通して用いるフレームワークの整備や機能追加、プロジェクトの中でも高難度機能の開発などを担うグループだ。
 「技術部隊というだけあって、どのメンバーも最新技術のキャッチアップがとにかく早い。
 ただ、いわゆる“技術屋さん”とは違って、周囲が理解できるように話すことや資料のつくり方もうまい。コンサルタントというのはこういうものなんだなと感じました」
 周囲と有意義な情報交換をし、インフラやOSなど苦手だった分野のスキルもどんどん身に付けられる。望んでやまなかった環境を得た太田は「幸せな毎日を過ごしている」とほほ笑む。また、裁量労働制であることに加え、リモートワークできることも大きな満足感につながっている。
 「共働きなので、子どもが急に熱を出した時などは特に助かっています。子育てをしているかどうかに関わらず自分のスタイルで働けるので、“特別な扱いを受けて申し訳ない”と思わなくていいのがありがたいですね。子どもが0歳で転職し、妻には少なからず迷惑をかけてしまったのですが、いまではフューチャーに来てよかったと思ってくれています」

写真

技術を駆使して
お客様のビジネスに貢献する。

写真  いま太田は、複数のプロジェクトに技術的な支援をする傍ら、社内の技術的な情報を集めて、資料化、ツール化をしたり、プロジェクトが技術を採用する際の判断基準を整備したりしている。前職で会計パッケージを扱っていたときは管理部門に対する業務効率化が目的だったため、いわば“守り”を固めていた。いまは自分が顧客の経営戦略を実現する“攻め”に貢献しているという喜びを持ちながら仕事をしている。
 「このグループはプロジェクトに深く関わりながら仕事を進めています。ですから、検討していることが机上の空論にならず、実践的な解決策となるのが特長です。実際に私が作ったブラウザの拡張機能が採用され、複数のプロジェクトで展開されています。今後の目標は、お客様に提供するまでの時間とコストをいかに少なくしていくかを考え、実現すること。これからも技術を駆使して、お客様の未来価値を向上させていきたいと思います」
 理想の場を得た太田は、技術者の誇りを胸に自らの付加価値を磨き続けていく。

JOB GALLERY