ヘッダやメニューをスキップして本文へ直接リンクします ローカルナビゲーションへリンクします


プレスリリース・ニュース

フューチャーアーキテクト、東北銀行で融資支援システム「KeyMan」
及び営業支援システムの構築を本格開始

PDFファイルで表示 別ウィンドウで表示 PDF (175.35 kB)

 フューチャーアーキテクト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:安延 申、東証1部上場:証券コード4722、以下フューチャー)は、株式会社東北銀行(本社:岩手県盛岡市、取締役頭取:浅沼 新、以下東北銀行)より融資支援システム「KeyMan」及び営業支援システムを受注し、本格的に構築を開始したことをお知らせ致します。

■新システム開発の背景
 東北銀行は、「地域金融機関として地域社会の発展に尽くし共に栄える」を経営理念として掲げ、創業から現在まで中小企業支援に注力している金融機関です。今回、平成24年1月に予定されている新勘定系システム稼動にあわせ、地域に密着した事業展開の一層の強化、業務改革を実現するため、戦略的なシステムの構築を企図し、その中核として融資支援システム「KeyMan」及び営業支援システムの導入を決定されたことから、この度、構築に着手したものです。
 フューチャーは、最先端のIT技術を駆使して平成24年1月のシステム本稼動に向けてプロジェクトを推進することによって、本年創業60周年を迎え、次世代に向かって飛躍を目指す東北銀行のパートナーとして、融資業務の効率化ならびに営業推進強化を支えて参ります。

■システムの特長
 東北銀行の貴重な経営資源である既存のサブシステムの情報を、融資統合データベースに集約することにより、融資関連全てのデータをリアルタイムに一元管理することを可能にします。さらに、そのデータを活用し、営業推進の強化を図る、営業支援システム機能も実装しております。
 システムには、新人や担当者変更直後の行員でも、顧客情報を一目で的確に把握し、営業推進・融資業務ができるように工夫がなされています。
 東北銀行におけるシステム及び機能面での特長として、以下の3点が挙げられます。

1.営業推進強化
  営業活動における商材の発掘から融資稟議決裁までの一貫した業務フローをサポートしており、 反社・謝絶情報等の信用情報を含めた顧客情報の一元管理による、顧客管理の精度を向上 しています。また、各種情報(属性、預金貸金取引、預り資産、世帯等)に基づいた推進対象顧客の 自動リストアップなど、営業推進強化を実現する機能を盛り込んでおります。
 
2.審査プロセスの効率化・堅確化
  (1) 新会計基準に対応した財務分析機能の構築を実現します。
  (2) 条件変更案件から貸出条件緩和債権の判定、債務者モニタリングに至る一連の業務フローの効率化を実現します。
  (3) 優先劣後等の担保引当案件から担保力余力計算、決算に至る一連の業務フローの効率化を実現します。
3.決算業務の効率化及び早期化
  「KeyMan」で実施する自己査定データと連動し、貸倒実績率・与信関係費用の算出や、部分直接償却を考慮した償却引当データによる、税効果会計に必要な有税引当無税化率の算出等の機能を実装しております。これにより、融資受付から与信関係部門による決算業務の一元管理及び与信関係部門による決算業務の効率化・早期化を実現します。

■今後の展開
 フューチャーは、「KeyMan」の拡販事業を推進しており、融資業務改革・営業推進強化を模索されている金融機関、他社との差別化を図るため戦略システムの構築を求められている金融機関に対して、最適なソリューションを提供して参ります。

「KeyMan」について
 株式会社鹿児島銀行(所在地:鹿児島市、取締役頭取:上村基宏)とフューチャーが共同開発した、融資業務を全面的にサポートするシステムです。「KeyMan」は、顧客情報や信用リスク管理、案件審査、債券管理、自己査定等の一連の融資関連業務のBPRを実現するとともに、蓄積された融資関連データの活用によって業務進捗管理や生産性分析も実現することができます。OSにWindowsを採用し、開発言語は全てJavaを使用したオブジェクト指向デザインとなっております。また、アプリケーションプログラムは、Linuxなどマルチプラットフォームにて対応可能です。基盤には、フューチャーコンポーネントと呼ばれるフューチャーが独自に開発したアーキテクチャを採用し、短期開発・柔軟な機能拡張・システム間のデータ連携を実現することができます。

● フューチャーアーキテクト株式会社 概要
代表者:代表取締役会長CEO 金丸 恭文 、代表取締役社長COO 安延 申
設立:1989年11月
資本金 :14億21百万円
売上高:連結:236億58百万円  単体:154億00百万円 (2009年12月期)
社員数:連結:1,273名  単体:793名 (2009年12月末日現在)
URL:http://www.future.co.jp
事業内容:ITコンサルティング・サービス
最先端のIT(情報技術)を駆使し、高品質かつ柔軟性・拡張性に富んだ未来価値のあるシステムを構築することで、中小・中堅から大企業までクライアントに最適なソリューションを提供する。また、グループ企業を中心として、「パッケージ&サービス事業」「企業活性化・ 新事業開拓事業」等を展開する。

● 本件に関するお問合せ先
フューチャーアーキテクト株式会社 広報担当 高橋
TEL : 03-5740-5723(広報直通)  E-mail : pr1@future.co.jp